妊娠したら横浜で探す無痛分娩の病院

妊娠しているかと思ったら、まずは産婦人科に行って、きちんと診断してもらうことになります。

はじめての妊娠だと、横浜で探すにしても、どこの病院に行った方が良いのか。

診断してもらった病院にそのまま、お世話になるのか。

迷ってしまいます。

横浜での病院選びのポイントは5つあります。

病院の規模を確かめましょう。

病院の規模になると大きく3つに分けられます。

大学病院などの大きな病院、産科専門クリニック、助産師さんによる助産院です。

持病などがあってリスクが伴うようであれば、「大学病院や総合病院」

がお薦めです。

フリースタイルで自然なお産を望んでいれば助産院がお薦めです。

次に、「家からの距離(近い場所にあるかどうか)」

評判が良くてきれいな病院でも家から1時間以上かかるようであれば、不向きです。

「出産費用」

も病院によって異なりますので、事前にホームページで確かめておきましょう。

出産後、病院によっては、「母子同室」

なのかどうかも確かめておいた方がベストです。

また、希望する分娩方法にもよります。

「分娩方法」

には、自然分娩、帝王切開、無痛分娩(和痛分娩)、計画分娩があります。

自然分娩は、どこの産婦人科でも行っていますが、無痛分娩になると対応している病院は限られてきます。

無痛分娩とは、出産の痛みを和らげておこなう分娩方法のことで、無痛と言っても、出産の痛みが全くないかといったら、嘘になります。

実際には、麻酔を使って、陣痛の痛みを軽くする出産方法です。

子宮口が5cmぐらい開いたところで、背中から細かいチューブを入れて、脊髄の横にある硬膜外という部分に局所麻酔を施します。

麻酔が効いてくると下半身の感覚が鈍ってきますが、赤ちゃんが降りてくる感覚やいきむ感覚は残っています。

ただ、陣痛が弱まったり、いきむ力が少し弱まったりしますので、自然分娩よりは出産時間が長くかかります。

横浜で無痛分娩を希望するなら産婦人科の病院選びは慎重に選択した方が良いでしょう。

「無痛分娩をしたいけれど、出来れば自然に陣痛が来てから出産したい」

という希望があるのなら、麻酔科医が常勤しているクリニックに相談してみましょう。

横浜市では無痛分娩に対応している病院のサイトがあります。

横浜で安心無痛分娩ならこちらのサイトをチェック

比較して見てみましょう。